本文へスキップ

あどもいは、歴史を通して足利の魅力を再発見し伝えていくことを目的とした市民団体です

  050-3556-1338

あどもい事務局直通

あどもい 会則/会員規則regulations

会則

平成25年9月1日制定

【 第1章 】  総則

(目的)
第1条 本会は、足利の豊かな歴史と文化財を効果的に活用して、地域の活性化を進めることを目的とする。 そのために必要な人材、組織、その他歴史・文化財に関わるありとあらゆる団体の橋渡しを進める。

(名称)
第2条 本会は、「あどもい」と称し、足利市福富町2019-2に事務局を置く。

(事業)
第3条 本会は、第1条の目的を達成するため次の事業を行う。

  1. 歴史や足利に興味がある人の集いと学習の場所を提供(例:歴マニ会)
  2. 足利の歴史と文化財をテーマにした旅プランの作成・提案
  3. 足利の歴史と文化財の戦略的広報宣伝
  4. 足利の歴史と文化財に関わるイベントのコンサルティング(例:文化財一斉公開)

【 第2章 】  組織

第4条 本会は、足利の歴史・文化財の活用に関心を有する個人、若しくは団体、法人で本会の趣旨に賛同協力する者を会員とする。 また、会員が会費を納入しないときには、会員の資格を失うものとする。

(役員)
第5条 本会に次の役員を置き、総会において選出する。

(事業)
第3条 本会は、第1条の目的を達成するため次の事業を行う。

  1. 会長  1名
  2. 副会長 1名
  3. 会計  1名
  4. 監事  1名

(顧問)
第6条 本会において会員の過半数の賛同で顧問を置くことができる。

(役員の任務)
第7条 本会における役員の任務は以下の通りとする。

  1. 会長は本会を代表し、会務を総理する。
  2. 副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはその職務を代理する。
  3. 会計は本会の会計を処理する。
  4. 監事は本会の会計を監査する。

(役員の任期)
第8条 役員の任期は2年とする。ただし、再任は防げない。補欠による役員の任期は前任者の残留期間とする。

(事務局)
第9条 事務局には以下の局員を置く。

  1. 事務局員 若干名

第10条 特定個人、特定団体、特定組織の利益となる活動は行わないものとする。 また、反社会的組織との関わりのない健全な会運営を行うものとする。

第11条 社会倫理および社会正義に照らし、会員資格の付与が適当でないと判断された者、 または本会の名誉を著しく貶める行為や発言が認められる者には、会長が臨時役員会を招集し、役員の過半数の決議をもって退会を勧告することができる。 可否同数の時は議長の決するところによる。

第12条 本会の運営に係る費用の捻出のため、第3条ならびに第17条に規定された行為を行うが、 収益の出る事業およびそれに類する行為を積極的に行わないものとする。

【 第3章 】  会議

(会議)
第13条 会議は総会及び定例会とし、会長が召集し議長となる。

(総会)
第14条 総会は毎年5月中に開催し、本会の事業報告、決算報告、予算について審議する。 ただし、会長もしくは副会長が必要と認めたときは臨時に開催することができる。

(会議)
第15条 定例会は年間11回、月に1回(総会の月を除く)の周期で開催する。 ただし、会長もしくは副会長が必要と認めたときは臨時に開催することができる。

(定足数)
第16条 会議の議決は出席者の過半数で決定する。ただし、可否同数のときは議長の決するところによる。

【 第4章 】  会計

(経費)
第17条 本会の経費や、会費、補助金、寄付金その他の収入をもってこれにあてる。

(会費)
第18条 本会の会費は次のとおりとし、会費は毎年7月までに納入するものとする。

  1. 1人        年間1,000円
  2. 1団体、1法人   年間2,000円

(会計年度)
第19条 本会の会計年度は、4月1日にはじまり、翌年3月31日に終わる。

【 第5章 】  会則改正その他

第20条 この会則を変更しようとするときは、総会において過半数の賛成を得なければならない。

第21条 この会則に定められるもののほか、必要な事項は定例会の議を経て別に定める。

【 附則 】

この会則は平成25年9月1日より施行する。



→ あどもい 会則(.pdfファイル/137kb)


イメージ

about usサイト運営者情報


認定市民団体:あどもい
旧・足利歴史マニアックス
TEL. 050-3556-1338
※事務局直通